アーカイブ

環境週間

E.C.O.では、6月の環境月間に合わせて環境週間を開催しています。環境週間は1週間にわたり環境に関する様々なイベントを開催し、慶應義塾大学の塾生( 学生)・教員・職員の3者を中心とした多くの人に環境に関して興味を持ってもらおうという試みです。ここでは、その環境週間の各年度の報告書を掲載しています。

2002年度報告書

2003年度報告書

2004年度報告書  総責任者:松井直尚

2005年度報告書  総責任者:田口敏機

2006年度報告書  総責任者:野口裕一

2007年度報告書  総責任者:長谷川公寛

2008年度報告書  総責任者:山田遼

2009年度報告書  総責任者:平佐賢宗

2010年度報告書  総責任者:雨宮洋輝

2011年度報告書  総責任者:南里大輔

2012年度報告書  総責任者:菅原秀晃

2013年度報告書  報告書責任者:五十嵐薫

2014年度報告書  総責任者:佐藤幸太郎

2015年度報告書  総責任者:金子和正

ミンミ・リ・リパック回収状況

慶應義塾大学日吉キャンパスでは、売店で販売されている弁当容器に(株)ヨコタ東北のミンミ・リ・リパックを使用しています。
ミンミ・リ・リパックは、弁当を食べた後に内側のフィルムをはがすことで、簡単にきれいでリサイクル可能な状態にできるプラスチック弁当容器です。E.C.O.ではキャンパス内のごみ箱上に回収BOXを設置し、回収作業を行っています。
回収されたミンミ・リ・リパックは、再びヨコタ東北へ送られて粉砕された後、同じミンミ・リ・リパックにリサイクルされます。